レンダリングのメリットとデメリット

動画系のお仕事や音楽系のお仕事などをされている方は、レンダリングという言葉をよく耳にすると思います。
ひと昔前よりも大きなデータを扱えるようになってきたこともあり、非常に多くの現場で用いられている物です。
特に動画制作においては、ユーチューバーの方なども行っており、プロ顔負けの動画を毎日のように配信しております。

レンダリングをすることによってどのようなメリットがあるのかというと、やはり動画のコマ落ちが無くなりスムーズに再生することができるようになることです。
容量が大きかったり、細かく作り込んでいるような動画の場合には、どうしてもコマ落ちをしやすくなってしまいます。
再生するマシンのスペックに依存せず、どのマシンでも快適に再生するためには必要なものなのです。

デメリットとしては、何度もおこなってしまうと、どうしても容量が大きくなってしまうという事です。
特に自前のサーバーなどで行っているような場合には、すぐに要領がマックスになってしまいます。
動画を編集する際にでた必要のないファイルをこまめに削除したり、Render Poolのような、1,000 台以上の高性能GPUサーバーが利用可能なGPUベースのレンダリングサービスプロバイダーと契約するような対応策が必要となります。

https://jp.renderpool.net/